知道会:水戸第一高等学校同窓会 〒310-0011 水戸市三の丸3-10-1 茨城県立水戸第一高等学校内 会長 角田芳夫

ホーム新着情報行事予定知道会報知道会の紹介母校情報

 

知道会の紹介

 

会長挨拶

 

 会長を務めております昭和38年卒の鬼澤邦夫です。知道会会員の皆様には日頃から本会の活動にご理解とご支援をいただき深く感謝申しあげます。
 改めてではありますが、本会の重要な目的は、会員相互の親交を深めるとともに、母校の発展に寄与することと理解しております。
 これに因んだ話しを紹介させて頂きます。先日、某大学准教授のレポートが送られてきまして、内容はビジネスで成功した社長数名へのインタビュー内容を総括したものでありました。いろいろな切り口から成功した社長の発想や手法はなるほどと納得させられた所ですが、唯一「これは本当か」という点が一つありました。
 それは、成功した要因を振り返ってみた場合に、理屈で説明できる部分は20%、残り80%は「運」と「勘」と言っていることです。そして、このように言い切る社長ほど極めて理屈っぽい、論理的であるということです。即ち、世の中少なくも20%程度は理屈で回る筈であるから理屈は丁寧に追いかける。一方で世の中理屈どおりには行かないということも頭の中に置いておくということです。
 これを受けて、私も地元で成功している社長に聞いてみました。すると殆どが、2割、8割は大体合っていると返ってきました。
 しかし、8割が「運」と「勘」では納得出来ませんので、例えば「運」の部分について更に深く聞いてみますと、最も大きな要素は人脈であるとの答えが多くありました。いろいろな局面で知人との交流関係が成功につながった、これは理屈で計算したものではないとのことでした。
 知道会は人脈の宝庫です。このようなビジネスでの効用に加えて、文化や趣味についても活かされるものと感じているところであります。また、母校の発展という点におきましても、文武両道を更に高めて行くために学校側と相談しながら出来る限りのサポートをしていきたいと思っております。
 結びに、皆様の今後一層のご支援を心よりお願い申しあげますとともに、母校と皆様方のご発展を祈念いたしまして、ご挨拶といたします。


知道会 会長
鬼澤邦夫

 

▲ページトップへ

 

幹事長挨拶

知道会幹事長 河野秀幸

 

 2018(平成30)年11月に幹事長に就任いたしました昭和63年卒の河野です。歴史ある知道会の幹事長として、責任の重さを感じております。
 2021年度からの併設型中高一貫校への改革を受けて新たな時代を迎える母校。これまでにも数多の変革期を乗り越えながら築かれてきた水戸中学・水戸一高の伝統や校風を受け継ぎ、そして新たに紡ぎ出してゆく後輩たちを、会員の皆様とともに応援して参りたいと思っております。
 各地域知道会や職域知道会との連携や運営費の問題など課題も数多くございますが、国内外を問わず幅広い分野で活躍する会員3万8千名のネットワークという大きな財産を活かして、本会の目的である会員相互の親交をはかり、母校の発展に最大限の支援ができますよう努めて参ります。
 今後とも会員の皆様の知道会へのご支援ご協力を心からお願い申し上げます。

 

▲ページトップへ

 

知道会の歴史

 

 同窓会組織としての知道会は、1951(昭和26)年に「水中会」として結成されたことに始まります。水戸一高講堂で開催された第1回の総会において設立趣旨は「会員相互の連絡を密にし、旧交を温め親睦を図り、兼ねて母校の隆盛と会員相互の発展に寄与するを以って目的」とされ、初代会長には深作安文氏(明治26年卒)が選出されました。
 1953(昭和28)年には同窓会機関紙として「水中会報」第1号を発行し、1956(昭和31)年の総会で名称を「水中一高会」と改め会員名簿を発行、1958(昭和33)年の母校創立80周年記念事業では校舎建設と「江山閣」の再建に協力しました。1965(昭和40)年発生の火災による校舎焼失においては校舎の再建に、また1968(昭和43)年の創立90周年では講堂兼体育館の建設に協力しています。
 1978(昭和53)年の創立100周年には「知道会館」の建設や「水戸一高100年史」の編集発行などの事業を実施し、その年の総会で名称を「知道会」と改めることが決められました。1990(平成2)年には秋田県立秋田高校同窓会との姉妹提携の調印を行い、現在も両会の友好親善と同窓会活動の振興に寄与しております。
 1998(平成10)年の創立120周年では新「江山閣」の建設、2008(平成20)年創立130周年ではモニュメント「我が道をゆく」の設置を行い、2011(平成23)年の東日本大震災においては会員からの義援金を募り母校の被害箇所の復旧復興に力を注ぎました。
 2018(平成30)年の創立140周年ではアクティブラーニングに対応する授業実施への支援として全30教室に電子黒板を設置し、2014(平成26)年から実施されている生徒海外派遣プログラムへの補助の10年延長などが記念事業として行われております。
 会員相互の進行を深め、母校発展に寄与することを目的とする知道会は、国内外のさまざまな分野において活躍する38,000余名の会員を擁し、毎年春には新たに300余名の新会員を迎えています。母校が150周年、そしてその先へと発展して行けるよう、各地域・職域知道会、学年同窓会と連絡を保ちつつ、各種行事の開催や在校生への支援などを継続して行っております。

 

▲ページトップへ

 

知道会会則

第 1 章  総  則

第1条 本会は、知道会と称し、事務局を水戸市三の丸3丁目10番1号茨城県立水戸第一高等学校「知道会館」内に置く。
第2条 本会は、会員相互の親交を深めるとともに、母校の発展に寄与することを目的とする。
第3条 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1) 会員の動静を明らかにし、相互の緊密な連携を図るための親睦会及び記念事業。
(2) 会員相互の親睦を深めるため、毎年1回知道会「会員の集い」の開催。
(3) 会報及び同窓会名簿の発行。
(4) 母校の発展に貢献するための協力と支援活動。
(5) その他、本会の趣旨実現に必要な事業。

 

第 2 章  会  員

第4条 1 本会の会員は、茨城県立水戸中学校、茨城県立水戸第一高等学校の卒業生及びこれに準ずる者とする。
2 会員は、入会費及び年会費を納入する。ただし、卒業後5会計年度分の年会費は免除する。

 

第 3 章  役  員

第5条 本会に、次の役員を置く。
(1) 会長    1名
(2) 副会長   5名以内
(3) 幹事長   1名
(4) 副幹事長  2名以内
(5) 代議員 300名以内
(6) 幹事   50名以内
(7) 監事    2名
第6条 本会に、名誉会長、顧問及び参与を置くことができ、会長が委嘱する。
第7条 1 会長及び監事の選任については、第13条第2項に定める指名委員会が会員のなかから
  推挙した者について、代議員会の承認を受ける。
2 副会長、幹事長、副幹事長及び幹事は、会員のなかから、会長が指名する。
3 代議員は、第17条に規定する団体から、原則として2名以内を選出する。
第8条 1 会長は、本会を代表し、会務を統轄する。
2 副会長は、会長を補佐する。
3 幹事長は、会務を掌理する。
4 副幹事長は、幹事長を補佐する。
5 代議員は、第17条第1項に定める団体の会員の動向を把握し、本会の運営に関与する。
6 幹事は、第13条第1項に定める委員会のいずれかに若干名ずつ所属し、そのうち各1名が当該委員会の
  委員長となる。
7 監事は、本会の会計を監査し、その結果を代議員会に報告する。
第9条 1 役員の任期は、それぞれ2年とし、再任を妨げない。
2 補欠により選任された役員の任期は、前項の規定にかかわらず前任者の残任期間とする。

 

第 4 章  会  議

第10条 1 本会の会議は、代議員会及び幹事会とする。
2 会議は、すべて会長が招集する。
3 会長が必要と認めた場合は、臨時に代議員会を開くことができる。
4 会議は、すべて出席者の過半数をもって決定する。
第11条 代議員会は、年1回開催し、会長、副会長、代議員、幹事、監事をもって構成し、議決機関として次の事項を審議し承認または決定する。
(1) 事業報告及び決算。
(2) 事業計画及び予算。
(3) 役員の選任。
(4) 会則の改正。
(5) その他特に必要と認めた事項。
第12条 幹事会は、会長、副会長、幹事をもって構成し、議長は幹事長があたり実務的運営について協議し処理する。
第13条 1 委員会は、次のとおりとし、必要の都度委員長が召集する。
(1) 総務委員会
(2) 財務委員会
(3) 広報委員会
(4) 名簿委員会
(5) 親睦委員会
2 会長及び監事の選任にあたっては、臨時に「指名委員会」を設けるものとし、委員の人選については、
  幹事長がこれにあたる。
3 前記の委員会のほかに、会長が必要と認める場合は「特別委員会」を随時設けることができる。
  その構成は、設置の目的に応じて会長が定める。

 

第 5 章  会  計

第14条 本会の経費は、入会費、年会費、特別会費、臨時会費、特別寄付金及びその他の収入をもってこれにあて、財務委員会がその経理にあたる。
第15条 本会の会計年度は、毎年10月1日に始まり、翌年の9月30日に終わる。

 

第 6 章  事 務 局

第16条 1 本会の事務を処理するために事務局を置く。
2 事務局長は、会員又は母校に教職員として勤務した経験を有する者のなかから、会長が任命する。
3 事務局長は、本会のすべての会議に出席し、会務の経常的処理にあたる。

 

第 7 章  そ の 他

第17条 1 本会には、各卒業年次、地域、職域ごとに、団体を設けることができる。
2 団体は、本会の運営に協力する。
3 団体は、本会へ規約及び組織の概要を通告し、変更があったときも同様とする。
第18条 この会則の実施について、その他細部の必要事項は、会長が定める。

 

付  則

この会則は、平成24年11月17日から実施する。

 

▲ページトップへ

 

組織図

 

 

組織図

 

 

▲ページトップへ